野生医師@エビデンスに基づく投資

年利10%を目標に運用し、30代で資産所得300万円/年を目指すブログ。

すべての「医師向け」投資業者は避けた方がいい

 

「医師向け」資産運用業者の多いこと

エムスリーとかを見ていると、「医師の方専門の不動産業者」などの「医師向け○○業者」をよく見ます。

また、巷では「医師向けの資産運用」などの本もあります。

なぜ、医師向けなのでしょう??

結論から言うと、私はこのような書籍、業者はすべて避けたほうが良いと考えています。

 

医師は騙しやすい小金持ちでしかない

医師という職業にフォーカスする理由が私にはよく分かりません。

・所得が高い

・投資の勉強をする時間がない

この2つを合わせると、医師は「騙しやすい小金持ち」でしかありません

 

さらに悪いことに、

・自分では頭がいいと思っている

という場合も多く、こうなると100%騙されます。

 

医師なんて、医療以外のことは素人ですから、他の業界のことは分かりません。

それを、「先生は優秀でいらっしゃるから***」と言われると嬉しくなって財布の紐が緩む人が多い。

 

利益最大化に職種は関係ない

私は、「医師向けの」とタイトルがついた投資関連の情報は全く見ません。

なぜなら、成功する投資なら医師以外でも実践できるため、わざわざ医師にターゲットを絞り込む必要がないからです。

例えば、資産の利回り10%以上で増やせるというのであれば、万人におすすめできる投資です。

私が実践しているFXのトラリピも(現時点では)そうです。

不動産投資もだいたい5%以上とは言われています。融資状況によりますが、ROEはもっと高くなります。

 

このように、年収300万円でも、年収1000万円でも、チャレンジする投資はあまり変わりません。

医師は元手がたまりやすいという特徴はありますが、5000万円未満の資産であれば誤差範囲です。

要は、非資産家が資産をつくるためには、資産の利回りを最大化する方法を勉強するしかありません。

 

低リスク運用をしたいなら

もしリスクを回避した、低リスク運用を実践するなら、それこそ医師向け云々関係なく、投資のエビデンスを勉強すればいいだけです。

結論から言えばインデックスの積立投資などで十分でしょう。

楽ラップなどのAI運用積立も悪くないでしょう。

あとは節税(iDeCoや小規模企業共済など)を勉強しておくことです。

yaseidoc.hatenablog.com

yaseidoc.hatenablog.com

 

長々と書きましたが、巷の「医師向け」と冠する業者は、すべて医師を食い物にしようとすると考えていいでしょう。

メイン業界では稼げない連中が、医師なら騙されるだろうと思って来るわけです。

投資に裏技などありません。

自分で勉強して、リスクに応じて資産形成していくのが、最短の道です。

【週間FX成績】9/8−9/14(+6.8万円):目指していたのは負けないローリスク運用

 

先週の利益報告

まずは先週の利益報告です。

現在の証拠金原資が700万円なので、年利換算は67760*4*12/700=46.5%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.06

決済5回

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.03

決済0回

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.03

決済6回

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.03

決済5回

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.03

決済2回

 

含み損 

含み損は77万円です。(2019/9/15時点)

 

総括

トータル利益:91万円

ついにトータル利益>含み損へと逆転しました。だいぶ気楽でいられます。

長期的にはリスクオフ相場になると予測していますので含み損はまだまだ増えるでしょうが…。

しかし、このトラリピは負けないローリスク運用を目指していたのですが、釣りのハイレバ運用みたいな成績になってしまっています。

最近のハイボラティリティを見ると、もう少し単位数を減らした方がいいのか??

それともこれが突発的な波でしかなく、今年の前半程度のさざ波が正常状態なのか?

もう少しこのままで様子をみて、原資投入&それに見合った単位数の増加を考えています。

皆さんも、リスク調整には十分気をつけて、今週も乗り切りましょう!

 

 

本の紹介(広告)

私の手法についてまとめた本を記載しておきます。

過去10年のバックテスト結果、方法を記載しております。

この本ではAUD/JPYが良さそうですが、その後AUDの利下げや米中問題など、AUD/JPYの事情も変わっています。

ですが、自動売買のやり方や考え方を知るにはいいと思います。

 

f:id:wildoc:20190916230157p:image

【週間FX成績】8/31−9/7(+4.9万円):相変わらず激しい相場

 

先週の利益報告

まずは先週の利益報告です。

現在の証拠金原資が700万円なので、年利換算は48589*4*12/700=33.3%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.06

決済3回

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.03

決済0回

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.03

決済2回

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.03

決済2回

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.03

決済2回

 

含み損 

含み損は92.6万円です。(2019/9/8時点)

 

総括

トータル利益:85万円

 

相変わらず米中はひっついたり離れたり。

世界中がリスクオンを期待しているからでしょう、なにかいいニュースがあればすぐに反応しますね。

ですが、景気のサイクルというものを信じていますので、長期的にはリスクオフ相場になると予測しています。

トータル利益>含み損で動いていると精神的には楽ですが、まあ現在は許容範囲です。

今週もいいCFを生み出しますように。

皆さんも、リスク調整には十分気をつけて、今週も乗り切りましょう!

 

本の紹介

私の手法についてまとめた本を記載しておきます。

過去10年のバックテスト結果、方法を記載しております。

この本ではAUD/JPYが良さそうですが、その後AUDの利下げや米中問題など、AUD/JPYの事情も変わっています。

ですが、自動売買のやり方や考え方を知るにはいいと思います。

 

f:id:wildoc:20190908214914j:plain

 

【月間FX成績】2019年8月(+26.7万円):えげつないCF

 

先月の利益報告

先月の利益報告です。

 現在の証拠金原資が700万円なので、年利換算は266541*12/700=45.7%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.05

決済回数は19回

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.010.03

決済回数: 33回

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.010.03

決済回数: 8回

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.010.03

決済回数: 16回

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.010.03

決済回数: 2回

 

含み損 

含み損は約107万円です。(2019/9/1時点)

 

トータル利益:80万円

 

総括

は?ですよね。そう思います。

含み損が50万増えて、半額の26万稼ぐという事態です。

これこそループイフダンの真骨頂です。そしてそのためにたっぷり原資を注入しています。

とはいえ、これが続くならリスクを取りすぎの可能性もあるので原資を追加しないといけません。

まあ今月は確かに色々とイベントが多かった。
米中どうなんの問題はまだまだ続きそうですね…。

 

私の場合は、実質含み損30万円程度なのでまだまだ耐えられます。

皆さんもリスク調整しながら頑張っていきましょう!

 

f:id:wildoc:20190901002712p:plain

 

【週間FX成績】8/24-8/30(+7.1万円):笑っちゃだめだと緒を締める

 

先週の利益報告

まずは先週の利益報告です。

現在の証拠金原資が700万円なので、年利換算は70992*4*12/700=48.7%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.06

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.020.03

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.020.03

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.020.03

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.020.03

 

含み損 

含み損は107万円です。(2019/9/1時点)

 

トータル利益:80万円

 

総括

 

相変わらず高いボラティリティ相場です。月別のデータを整理していたらとんでもない数値が出てしまいました。

リスクオフ相場と言われますが、FXでいうなら荒れ相場です。

波力発電たるループイフダンには大歓迎でしょう。

 

・・・といいつつ、この利回りが続くということは、現時点でのリスクに対して原資が少ない可能性も示唆しています。そこは注意しておきたいところ。

小舟で荒波に挑んでいては、いつか転覆します。

リスク調整しながら一緒に頑張っていきましょう!

f:id:wildoc:20190901001555p:image

【週間FX成績】8/17-8/23(+1.6万円):嵐の前の静けさ

 

先週の利益報告

まずは先週の利益報告です。

現在の証拠金原資が700万円(増やしました)なので、年利換算は16172*4*12/700=11.1%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.06

決済回数は1回

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.020.03

決済回数: 2回

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.020.03

決済回数: 0回

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.020.03

決済回数: 0回

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.020.03

決済回数: 0回

 

含み損 

含み損は110万円です。(2019/8/26時点)

 

トータル利益:73万円

 

総括

 

このくらいの利回りであれば適正かなあという程度です。

と思っていたら今週始めにドカンと窓が開きましたね。

すぐ戻しましたが、このような変動は大歓迎です。

引き続きよろしくお願いします。

f:id:wildoc:20190826125449j:image

【週間FX成績】8/10-8/16(+7.3万円):うまくいっているときこそ謙虚に

 

先週の利益報告

まずは先週の利益報告です。

現在の証拠金原資が700万円(増やしました)なので、年利換算は73055*4*12/700=50.1%です。

 

現在のポジション

記載内容は、通貨ペア、ロング/ショート、トラップ幅/決済幅(pips)、ポジション単位(×100000)の順です。

 

①USD-JPYロング

25/75 ポジション単位0.05

決済回数は4回

 

以下、すくみの4ポジション。

②AUD/JPYのショート 20/100 ポジション単位0.020.03

決済回数: 2回

EUR/JPYのロング 30/140 ポジション単位0.020.03

決済回数: 1回

EUR/USDのショート 20/70 ポジション単位0.020.03

決済回数: 6回

⑤AUD/USDのロング 25/120 ポジション単位0.020.03

決済回数: 0回

 

含み損 

含み損は97万円です。(2019/8/18時点)

 

トータル利益:71万円

 

総括

アメリカの中国制裁が伸びるというニュースやその後の不自然な値動きなどで不安定な値動きが続きました。

おかげで、決済回数も多く発生し、先週と続いて7万円台のCFを生み出しました。

この波力発電方式、チャートを一生懸命読むよりも勝率が高いように思います。

まあどんな戦法を取っても、コツコツドカンのドカンで踏みとどまることが大事というのが真理でしょう。

普段は700万円のFX用資金のうち実際に口座に入金しているのは500万円です。ですが、この連休中には何が起きるのかわからなかったので、100万円を入金しておきました。

このように、大事なのはリスク管理です。

 

私は、年間利回りが平均して20%以内に収まるように原資調整をしていきたいと考えています。

リスクを取りすぎず、安定して稼いでいきましょう。

引き続きよろしくお願い申し上げます。

f:id:wildoc:20190819013806j:image